プレスクールに通う【ENGLISHで学習力UP】

Education

新着情報

教育の一つ

幼児教育の重要性が見直されるようになった今日、数多くの「幼児教材」が開発されるようになりました。現在は子供の心を大切にしながら、教材を使う事が必要になっています。

詳細を確認する

重要性が高い

今日、幼児教育の重要性が認められ、多くの「幼児教材」が開発されるようになりました。子供だけではなく親も一緒になって取り組むことで効率的に勉強をすることができます。

詳細を確認する

英会話の勉強

現在は英会話に感心を持つ人が増えており、国内においても英会話を早い時期から学ばせようとする親が増えて来ているのです。 英会話スクールに通うことで英語のスキルを身に付けることができます。

詳細を確認する

英会話のスキル

英会話ができる人材を幼児の時から育成するのを目的としたスクールです。

プレスクールとは英語保育を行う保育施設のことで、英会話ができる人材を幼児の時から育成するのを目的としたスクールです。東京のプレスクールでは外国人教師と英語が話せる日本人教師とで構成されていて、日本に居ながらにして特に英語を基本とした環境で過ごすことを目的に開設された保育施設なのです。ちなみにカリキュラムとしては一般的な幼稚園と同じく、一週間を過ごす学習カリキュラムが組まれています。プレスクールは小学校高学年から英語の授業が必須科目になるということが決まっている今、授業についていく下準備としてわが子を通わせている保護者も増えてきています。今後は一般の保育園や幼稚園でも、プレスクールのような学習カリキュラムを組むところが登場するのではないかと予測されます。それに伴い本来のプレスクールの英語学習レベルも上がり、差別化されることも考えられます。

プレスクールなどの英語教育の注意点について。

ところで日本人が英会話を堪能になるには、プレスクールの存在は大変重要なものです。ところが幼児のころから英語教育に熱が入りすぎると、注意しないといけない点も出てきます。それは教育施設や保護者によっては、本来日本人が話すべき日本語教育をないがしろにするという可能性があることです。プレスクールに通う幼児は、将来海外に永住する子供たちだけとは限りません。むしろ日本に永住する子供たちのほうが多いと思われます。また海外に行った場合には自国の言葉や文化・歴史をしっかりと勉強しておくことで、自分のアイデンティティーを相手に伝えることができるのです。幼児の時から英語教育を受けさせる場合には、同時に正しい日本語を教える必要があるのです。